会社情報

ニュースリリース 2015年

2015年11月13日

世界初の取り組み!燃料電池を併設した災害対策用自動販売機を展開!
マグネシウム空気電池を活用し、72時間に亘り災害時の電力供給を実現
2016年1月から福島県内の避難場所を中心に100台を設置予定


 アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 岸上 克彦)は、株式会社巽中央経營研究所(本社 東京、社長 金子 圭助)と一般社団法人東北再生可能エネルギー協会(所在地 宮城、代表理事 尾形 直樹)が実施する「飲料自動販売機併設型マグネシウム空気電池導入プロジェクト」に参画し、マグネシウム空気電池を併設した災害対策用自動販売機を世界で初めて展開します。

 本プロジェクトは、大容量発電のマグネシウム空気電池を搭載した飲料自動販売機を、避難場所などに設置して災害時の電力供給を確保するものです。2016年1月から、福島県内の学校や病院といった避難場所を中心に100台を設置予定で、2017年以降も福島県以外の被災県指定避難所への設置も検討していきます。

 ※マグネシウム空気電池とは、マグネシウムと水、空気を燃料とし、二酸化炭素やその他の公害物質を出さないため、環境負荷のほとんどない優れた再生可能エネルギーです。

災害対策用自動販売機

電池はイメージ画像です。



 今回併設するマグネシウム空気電池は、大容量発電が可能であり、災害時にはライフラインの復旧の目途となる72時間の電力供給を可能としています。自動販売機の継続稼働に加え、パソコンや複数の携帯電話、TVなども使用し続けることができるため、被災者にとって必要になる照明や情報、通信などのインフラとして活用することが可能となります。

 アサヒ飲料では、これまでも自動販売機を震災等の災害時における重要なライフラインであると考え、社会的な意義の高い自動販売機を通して、飲料水の提供以外の社会貢献に取り組んできました。今回の自動販売機展開を通して、災害時の避難場所の環境を飛躍的に向上させることで更なる社会貢献を目指します。

 なお、今回の災害対策用自動販売機の試作モデルは11月14日(土)、15日(日)に開催される「国立研究開発法人 産業技術総合研究所 臨海副都心センター一般公開」イベント(東京都江東区青梅2-3-26、10時〜17時)にて展示予定です。

【ご参考】
■アサヒ飲料の自動販売機を通した社会貢献活動への取り組み
取り組み 概要 展開開始年 展開台数
(15年9月末時点)
災害救援
自動販売機
災害時に停電時に、自動販売機内に搭載したバッテリーを使うことで商品を無償提供できる自動販売機 2005年 4,900台
ユニバーサル
自動販売機
性別、年齢、身長、身体的特徴など、個性や能 力に関わらずあらゆる人にとって使いやすい自動販売機 2006年 3,700台
ヒートポンプ
自動販売機
エネルギーを効率よく利用することで通常の自動販売機より年間消費電力量を約4割削減できる自動販売機 2007年 212,000台
Wi−Fi
自動販売機
2012年から災害時に情報インフラとして活用できるWi−Fi搭載自動販売機を飲料業界として初めて展開。専用ルーター(通信機器)を搭載することにより、自動販売機周辺を無料で利用可能なWi-Fiスポットとする機能をもった自動販売機 2012年 420台
もどる
「ニュースリリース配信サービス」を開始いたしました。
ニュースリリースを発表日にメールでお知らせ致します。
詳しくはこちら

のんだあとはリサイクル
のんだあとはリサイクル

©ASAHI SOFT DRINKS CO., LTD. ALL rights reserved.