アサヒの機能性表示食品

アサヒの機能性表示食品

アサヒ 凹茶

<ul class="menu">
				<li><a href="../index.html#cnt_01"><img src="../img/menu_meme.gif"></a></li>
				<li><a href="../index.html#cnt_02"><img src="../img/menu_water.gif"></a></li>
				<li><a href="../index.html#cnt_05"><img src="../img/menu_sapli.gif"></a></li>
				<li><a href="../index.html#cnt_03"><img src="../img/menu_ururu.gif"></a></li>
				<li><a href="../index.html#cnt_04"><img src="../img/menu_boko.gif"></a></li>
				<li><a href="http://www.asahiinryo.co.jp/tokuho/sp/" target="_blank"><img src="../img/menu_tokuho.gif" alt="アサヒトクホはこちら"></a></li>
			</ul>お腹の脂肪を減らす、ガツンと渋い味わいのウーロン茶「アサヒ 凹茶」を1日350ml、12週間継続飲用した結果、お腹の脂肪が低減!!

1日1本(350ml)を12週間摂取した結果、飲用前と比べ、腹部の内臓脂肪面積が減少している結果が出ました。

【届出表示】
本品には、りんごポリフェノール(りんご由来プロシアニジンとして)が含まれるので、体脂肪が気になる方のお腹の脂肪を減らす機能があります。

りんごポリフェノール配合飲料の評価試験(脂肪面積)りんごポリフェノール配合飲料の評価試験(脂肪面積)

被験者:BMI値が正常高値(23<BMI<25)の成人男女16名
アサヒ凹茶350ml(「りんご由来プロシアニジン」110mgに相当するりんごポリフェノール600mgを含む)を12週間継続飲用/飲用前及び飲用後の腹部CT画像より計測:*p<0.05
参考資料:アサヒビール株式会社『リンゴポリフェノール含有飲料』の有効性試験結果報告書より作図

りんごポリフェノールが「脂肪の吸収を抑制」しますりんごポリフェノールが「脂肪の吸収を抑制」します

通常は・・・

摂取した脂肪はそのままでは体内へは吸収されません。
十二指腸でリパーゼという脂肪を分解する酵素の働き『脂肪酸』『モノグリセリド』に分解されます。
『脂肪酸』『モノグリセリド』は、小腸で体内に吸収されます。
それらは血液中に取り込まれて、血中中性脂肪として全身の組織に運ばれます。
エネルギーとして使用されなかった中性脂肪は、その後、内臓脂肪皮下脂肪の体脂肪として蓄積します。

『未熟果りんご』のポリフェノール濃度に着目『未熟果りんご』のポリフェノール濃度に着目

未熟果のりんごは成熟りんごの約10倍の高濃度ポリフェノールが含まれていることを突き止め、効率良くポリフェノールを集めることに成功。

これにより、りんごポリフェノール成分の研究を行った結果、脂肪の蓄積を抑える効果を発見しました。

中性脂肪と内臓脂肪 りんごポリフェノールは中性脂肪の体内吸収を抑制し、結果として、内臓脂肪の蓄積を低減させます。

中性脂肪
・中性脂肪は人間が活動する上で欠かせない、糖質と並ぶエネルギーの源です。
・過剰な中性脂肪はエネルギーとして使われず、脂肪組織として全身に蓄積される体脂肪となります。
内臓脂肪
・体脂肪の一種であり、元となる中性脂肪を抑制することで、結果として減らすことができます。

機能性表示食品にかかわる情報開示・届出

届出表示
本品には、りんごポリフェノール(りんご由来プロシアニジンとして)が含まれるので、体脂肪が気になる方のお腹の脂肪を減らす機能があります。
機能性関与成分
りんごポリフェノール(りんご由来プロシアニジンとして)
1日摂取目安量
1日当たり1本(350ml)
摂取の方法
お食事と一緒に1本お飲みください。
摂取上の注意
多量に摂取することにより疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。
届出番号
A226
届出詳細
一般向け公開情報 (PDF:161KB)
●有識者等向け公開情報
基本情報(PDF:703KB)
機能性情報(PDF:2.4MB)
安全性情報(PDF:239KB)

※本品は、事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして、消費者庁長官に届出されたものです。ただし、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
※本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
※本品は、疾病に罹患している者、未成年者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む。)及び授乳婦を対象に開発された食品ではありません。
※疾病に罹患している場合は、医師に、医薬品を服用している場合は、医師、薬剤師に相談してください。
※体調に異変を感じた際は、速やかに摂取を中止し、医師に相談してください。

TOPへ戻る

TOPへ戻る