ご当地素材ブレンド

日本地図
北海道限定
東北限定
関東・甲信越限定
中部・北陸限定
関西限定
中国・四国限定
九州限定

商品ライアップ

昼夜の温度差が大きい北海道で栽培されるとうもろこしは、糖度が高く、粒皮が軟らかいのが特長です。
小豆の中でも特に大粒で皮が破れにくいものを大納言小豆といい、高級ブランドとされています。

青森県の夏場に吹く冷涼の風「偏東風(ヤマセ)」は、寒さを好むごぼうに最適な気候です。色が白く、香りが強いのが特長です。
炊きあがりの香り、粘り、色つやもよく、程よい硬さの食感が特長です。

山梨県のゆずは品質が良く、「穂積の柚子」として京浜地方で最高級品の折り紙がつけられています。
独特の甘みと粘り、炊き上がりの香りと艶やかさが特長です。
炊きあがりが非常に美しく、シルクのような輝きを持つことが名前の由来です。粘り気は弱く、すっきりとした味わいが特長です。

その香りの高さが名前の由来となっており、つやと粘りのバランスがよく、大粒でしっかりとした食感が特長です。
静岡みかんの歴史は、江戸時代まで遡ることができます。海に面した温暖な気候で育ったみかんは、糖度が非常に高いことが特長です。

歴史は江戸時代からの記述が残るほど古く、丹波地方発祥の「丹波黒」という品種は高級黒大豆として知られています。
滋賀の風土に合うように品種改良されたゆめおうみは、歯ごたえがよく、つや、粘り、香りにすぐれたお米です。

地中海域に似た温暖な気候の多度津で育てられたオリーブは品質に優れ、特にオリーブの葉には、果実よりもはるかに多くのポリフェノールが含まれています。
瀬戸内の温暖な気候で育った「広島レモン」は、まろやかな酸味が特長で、料理にもドリンクにも皮ごと活用できます。

熊本のミネラル豊富な土壌で栽培されたサツマイモで、高い糖度が特長です。
日本におけるしいたけ栽培は、350年程前に大分ではじまったと言われています。肉厚でサイズが大きいのが特長です。

トップに戻る