LOADING...

16種類には、意味がある。 〜十六茶のヒミツ〜

16種類には、意味がある。 「なぜ16?」そのヒミツにお答えします。

なぜ「16」?

十六茶のヒミツを動画で解説

新垣結衣さんと学ぶ -movie- 16種類には、意味がある。

十六茶の「16」には理由がある!

再生

なぜ「16」?

その1

16素材の健康ブレンド

カラダの状態を「健康」「未病」「病気」の3つに分け、カラダ全体のバランスを重視する東洋健康思想。
十六茶はこの考えに則り、理想的な健康状態は日常的に体内・体外のバランスが整っている状態でいられるよう、
健康16素材をブレンドしてつくっています。

その2

なぜ「16」?

「6+6+4」で16種類

「十六茶」は、東洋健康思想の“六蔵六腑四味覚”という考えがその由来です。
カラダの中から働きかける「肝・心・脾・肺・腎」という五臓と、それぞれの臓を助ける「胆・小腸・胃・大腸・膀胱」という腑が五臓。
これに「心包」という臓と「三焦」という腑を足して、六蔵六腑
さらに、カラダの外からも働きかける「甘い、苦い、しょっぱい、すっぱい」 の味覚を四味覚といいます。
カラダの内外からバランスよくはたらきかける16素材を厳選&ブレンドすることで、
健康とおいしさを両立しているのが十六茶なのです。

6臓6腑+4味覚=16茶

その3

なぜ「16」?

こだわりの16素材

日本人になじみ深い健康素材である穀物を多く配合することで、日本人好みの甘みと香ばしさを実現。
もっとおいしく、もっと愛されるお茶になりたい。
そんな思いから、研究と改良を重ね、使用素材の一部を年に一度のペースで見直しています。

  • エゴマの葉 十年食べると十年長生きできるという謂れから、ジュウネンと呼ばれています。
  • ゆりね 栄養・食物繊維が豊富。漢方でも加えられる事が多く、百合(びゃくこう)とも呼ばれています。
  • 玄米 稲の一番外側のもみ殻だけが除かれているため、白米にくらべて滋養(栄養補給)によいとされています。
  • ハブ茶 マメ科のエビスグサの種子で作ったお茶。カラダにやさしい健康素材として、昔から親しまれてきました。
  • ハトムギ 穀物の中でも滋養(栄養補給)によいとされ、炒ってから煎じたものは、お茶として親しまれています。
  • とうもろこし 紀元前5000年頃から栽培されており、脂質、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んでいます。
  • 大麦 麦茶として愛飲されているほか、麦芽はビールを製造する際にも用いられています。
  • 昆布 「海の野菜」と呼ばれ、昔から重要な栄養資源として食事に取り入れられてきました。
  • びわの葉 古くから「枇杷葉湯」として暑気払いに用いられている健康食材です。
  • 発芽大麦 大麦を発芽させる事で澱粉質の糖化という有用な化学反応が容易に得られることから酒、酢の醸造や水飴の製造に古くから用いられてきました。
  • ナツメ 甘味があり、古くより漢方薬に入れられることが多い果実です。
  • 黒豆(大豆) 大豆の一種である黒豆は、大豆イソフラボンやサポニンを含んでいます。
  • 発芽玄米 玄米を水につけ、わずかに発芽させたものです。酵素が活性化されて栄養価が高まると言われ注目を集めています。
  • カワラケツメイ 弘法茶、浜茶などの別名を持ち、甘香ばしい味わいが古くから親しまれてきた素材です。
  • 桑の葉 乾燥し煎じた葉はお茶として、果実は焼酎に漬けて桑酒として飲まれています。
  • たんぽぽの根 近年では、その味わいとカフェインが入っていない、という特長からコーヒーの代替としても飲用される健康素材です。

だから「16」

こだわりの16によって十六茶はつくられています。

それだけじゃない、十六茶

健康とおいしさのヒミツ

  • 素材に適した焙煎方法

    16種類の素材にあわせて焙煎⽅法を調整。細部へのこだわりが、絶妙な⾹りと味を⽣み出しています。

  • 味わい設計

    厳選素材や純水を使用したこだわりの設計により、深い味わいとすっきりした飲み心地を実現しています。

  • 妊婦の方にも安心して飲んでいただける カフェインゼロの十六茶

    十六茶はカフェインゼロなので、
    どんなシーンでも安心して水分補給していただけます。

商品ラインアップ